大山守くん親父の後継ぐの辞めるってよ

 さてさて…高天神の羽衣伝説を解明したのはいいとして…また新たな謎が浮上したぞ…

 
 なぜ、羽衣伝説を残したのか?
 
遠江国の土形里に移住したのは、反逆者大山守皇子の妻と子供だ。そんな場所に丹後半島の羽衣伝説に類似したモノをなぜ残したのか…
  何を言いたいのか薄々わかっている方もいるだろうか…?
  ここははっきりと言わせていただきましょう。
 
うぉおい‼︎古事記日本書紀、嘘ついてますよ⁉︎
 
  …こんなこと言い出すと、「いるいる、こういう事言い出す人…」って突っ込まれるでしょうね。それか怒られるかも…
  でもあえて言ってしまいます‼︎
 
  歴史は勝者が作るモノ
 
  古事記日本書紀ができた頃の時代の勝者って誰でしたっけね?
  そう、藤原さんです。
  なんでいきなり⁇となるので…とりあえず、藤原氏の話はあっちに投げときます。えぃ⤵︎
 
  えぇと、なぜ記紀が嘘つきなのか…
 最古の羽衣伝説を有する丹後半島。その土地を掌握していたのは、四道将軍のひとり「丹波道主命」つまり和邇氏です。大山守皇子とは時代が違いますが、伝承によれば丹後半島の「土形里」に国府を定めたのが「丹波道主命」だとか。その際、比治山の麓に社を設けて娘に奉斎させたと言います。その娘の名は「ヤオトメ」…おやおや「八」の娘っこですか…
  さて、和邇氏が領する地名と伝説が大山守皇子の一族が移住した土地にあるというのは偶然でしょうか?
 結論を先に言いますと…
 
大山守皇子和邇の一族である。
 
古代史研究をされている方々に怒られそうですね…
 
  しかし、そうとしか考えられないんです。
  記紀の中で王位を争った相手「兎道稚郎子皇子」の墓と言われる場所には、別の言い伝えがあったとか…
 
元々は兎道稚郎子皇子の母親の墓だった。
又は、兄である大山守皇子の墓であった。
 
というモノ。
兎道稚郎子くんは、記紀では「和邇氏」のお母さんから生まれています。
さぁこんがらがって来ましたね。
なんで兄弟ケンカした2人のお墓の場所がカブってしまうのか…
 
 ここでひとつ、大山守くんの名前に注目…と言っても「大山守」という名前なんですけど…
 でも、奇妙だと思いませんでしょうか?
 お父さんの応神天皇に「お前は山海を治めよ」と言われたのは大人になってからなのにお父さんに仕事を命じられる以前に、既に取って付けたような名前がついてるなんて…
 
  さて、ネット検索の成果をここで発揮。
 
山形県新庄市大山守皇子を祀った「七所明神」というのがあり、そこに伝えられた伝承によれば…
 
 四世紀初頭、大山守命は次期天皇の座を辞退し、東路を目指して旅立ったという。このことを知った悪臣どもが、「大山守命は東国に下って軍勢を整え、都に攻め上るであろう」と言いふらしたため、天皇となった兄(仁徳(にんとく)天皇)の連臣(れんじん)(家臣団)から命を狙われるはめとなった。
 東国を目指した大山守命は、転々と逃れたのち、最上川下流にある現在の庄内町で捕らえられ、連臣らに斬られたという。
 
 この伝承によれば、大山守皇子は次期天皇であった。
  おや?兎道稚郎子皇子も次期天皇に指名されてましたね…
  そうです。大山守皇子と兎道稚郎子皇子は同一人物だったんです。
   大山守くんの本当の名前は兎道稚郎子くんだったのですね。…この名前も本物かどうか…
  とにかく兎道稚郎子皇子の通称(あだ名)が「大山守」だったのではないでしょうか。
 
  記紀はわざわざ1人の人物を2人に分けて、次期天皇の後継争いを描いていた。
  一体どうしてそんな手の込んだ事をするのだろうか…?
  
  羽衣伝説は、歴史の真実への鍵となるべく残された物語だったのですね。