土形さんちの事情

 さて、視線をちょっと大山守皇子と摩奴良比賣の子供さんに移します。
  土形氏の初代当主にあたるこの方…
  
「津布良古王」(つぶらこおう)

おそらく、まだ小さな頃に母親と共に逃げてきたのでしょうね。そしてこの小さな王子を守る為に隠れ里を造った。それが「土形里」です。
  ここで、ふと疑問が浮かんでくる。
  丹波国の「土形里」と同じ名前にしたのはなぜだろう?
  まだハッキリとした答えが出ていないが、羽衣伝説は裏切りの物語でもある。ひょっとして和邇の一族は誰かに裏切られて追われる身となったのではないだろうか?
   おそらく、大山守皇子こと菟道稚郎子皇子が皇太子の権利を放棄した際に、和邇一族弾圧の憂き目にあってしまったのかもしれない。
  そうして一族は散り散りとなり、かつて栄華を誇っていた和邇氏は滅亡寸前まで追い込まれたのでは無いだろうか?
  「土形里」の名は、裏切りを忘れない為と和邇氏であった証を残す為につけられたのかもしれない。

  少し脱線してしまったが…
  土形氏初代の名前「津布良古王」
  どこかで聞き覚えは無いだろうか?
  また、回りくどくなるのでさっさと言ってしまおう。
  記紀雄略天皇の項に出てくる「円大臣」こそが大山守皇子の子「津布良古王」その人である。
  って、また怪しい方向になって来たと言われてしまいそうな…でもこのまま進めまーす
  きっと、“年代が違うじゃないか⁉︎”と指摘されるでしょうが…
だがしかし‼︎正当な皇太子であった大山守皇子(菟道稚郎子皇子)を、謀叛人に仕立て上げてしまった記紀が記す年代を真正直に信じられるだろうか?
   いいや信じられないね!
   それに、雄略天皇が葛城山で自分とそっくりな一行に出会うという場面、記紀では「一言主神」との出会いだったと表現されているが、一言主神=円大臣と置き換えれば…
    雄略天皇と円大臣の間に血縁関係があるからこそ成し得たことではないか。

  ちょっと先走って雄略天皇の葛城山の話を持ってきてしまったが…

その前に、和邇氏の末裔でもある「津布良古王」がなぜ葛城氏の「円大臣」になったのか?

  まず経緯から推理すると…
  津布良古王くんは、幼少期を「土形里」で過ごし、成人した後(おそらく14、5歳〜)葛城氏へ預けられた。そして、当然というのか必然というのか…官僚の道へと進んで行った。こうして「円大臣」が出来上がったのだ。
  和邇氏の名前には「古」や「子」がよく使われるらしい。
  和邇氏の証である津布良古王の「古」は葛城氏に来た時にやめたのだろう。
  
   さて、津布良古王くんはなぜあえて隠れ里を出て、都に舞い戻ったのか?
   最初の目的は、父親を死に追いやった事件の真実を確かめる為だったのかもしれない。そうして、真実を知った津布良古王くん…いや、ツブラくんは政治家への道を選んだ。きっと気がついたのだろう、国を動かしているのは「大王」ではなく、権力を持つ周りの者だ…と。
   
    次は、ツブラくんがいわゆるホームステイ先になぜ「葛城氏」を選んだのかを考えてみよう。