ワニ、拡散。

   はいどーも、今回は散り散りになってしまった和邇一族について語ります。

 

   都である大和を追い出された和邇の一族の皆さま。ある者達は山城国に隠れ住み、ある者達は大山守皇子と共に東国へ向かう。しかし、東へと進むにつれ、道中は厳しくなっていったのだろう。一部は山梨県側の富士山の麓に隠れ住み、更にある一部が神奈川県平塚市付近に根を下ろした。なぜ突然に神奈川県平塚市なのかと言うと…。平塚市の四ノ宮という所に「菟道稚郎子皇子」を御祭神として祀る「前鳥神社」(さきとりじんじゃ)なる神社があるからだ。

    菟道稚郎子皇子を主祭神と仰ぐ神社は京都の宇治上下神社とこの前鳥神社だけなんだそうで、特に前鳥神社は、関東で唯一「菟道稚郎子皇子」を祀る神社なんだとか…。

    しかーし!私めが申します通り、大山守皇子菟道稚郎子皇子であるならば「前鳥神社が唯一」ではないのです。…まぁそれは置いておいて…。

    大山守皇子と共に東へ逃げてきた和邇の一族の一部が、神奈川県平塚市四ノ宮に根を下ろし、皇子を祭神として祀ってきたのが前鳥神社なのだろう。その証拠に、ある伝説が残っているらしい。

    記紀に描かれる菟道稚郎子皇子は、兄の大雀皇子に大王位を譲り死んでしまうが、前鳥神社の伝説には、菟道稚郎子皇子は実は死んでおらず、密かにこの地に逃げてきた。というのがあるらしい。

    どうやら、とんでも説として無視されているようだが…私としては、よくぞ残っていてくれた!と言いたい程の伝説だった。

   伝説、伝承が歴史書の記紀にそぐわないからと切り捨てるのはいかがなものかと私は思う。何故、こんな伝説や伝承が残ったのかを考えるべきなのではないだろうか?

    前鳥神社の伝説が残された背景には、大山守皇子(=菟道稚郎子皇子)と共に東国へと亡命したが、泣く泣くこの地に留まる決意をした和邇一族の無念の想いが込められているようにも思える。

    

    さて、東国の和邇氏で特に有名(?)なのは、静岡県富士宮市にある、富士山本宮浅間大社を奉斎する「和邇部氏」ではないだろうか。

    ただ、この富士宮市浅間大社より山梨県富士吉田市浅間神社の方が創建が古いのだとか…。ひょっとしたら、富士宮市和邇氏は、大山守皇子と共に逃げてきた者達とは別の一団だったのかもしれない。

    こうして、各地に散らばっていった和邇一族…。各地で根を下ろし、邑や里をつくり、そして流通のネットワークとなっていったのかもしれない。それが後々の蘇我氏の財源にもなったのだろうか…。おっと、また妄想が炸裂してますね…。

    伝説、伝承を探せば大山守皇子と共に都落ちした和邇氏に関係する土地が見つかるかもしれませんねぇ。