読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

摩奴良比売の実家を探せ

    さて、今回は大山守皇子の2番目の奥さんである「摩奴良比売」について語りたいと思います。

    土形氏系図に「遠淡海国造女〜云々」と書かれていたため、遠江国の国造家から大王への従属の証として差し出された姫…と思われてきたようですが、実は違うのです。

   何度も言いますが、大山守皇子は本名が菟道稚郎子皇子で、皇太子であった。皇太子の元にど田舎の娘っこが嫁ぐのは、相当なツテでも無いかぎり難しいのではなかろうか?

    あるいは、誰もが噂するような相当な美人であったため、差し出されたとか?

   しかし、大山守皇子を謀叛人として描く記紀には大山守皇子の「妻」どころか子供についてすら詳しくは書かれていない…。それは何故か?答えは簡単、記紀編纂者にとってそれが不都合な真実だからだ。

    またか…とため息をついた方。わかりますよ。「不都合な真実」とか言っとけば、なんでもまかり通ると思ってんなコイツ…。と思いますよね。そーなんです、若干思ってます。でもちょっと我慢してくださいね、後々わかってきますので…。

   さて、話を戻して…。

   以前にも申しました通り、この「摩奴良比売」と言う名前。かの有名な「出雲神話」に出てくる「クシナダヒメ」の本名と同じ名前なのです。

   

   クシイナダミトアタワスマヌラヒメ

   久志伊奈太美等與麻奴良比賣

 

    「與」は「アタワス」と読む場合と「ヨ」と読む場合があるようです。

 

    なぜ遠江国の姫に、出雲国の女神の名前を名付けられたのか?歴史書が言う通り、遠江国造と出雲国造が同じ祖先を持つからというだけでは、女神の名前なんて畏れ多くて付けられないような気もしますが…。

    神の名前をつけるくらいだから、この「摩奴良比売」の親はきっと何かを伝え残したかったのではないだろか?

    あるいは、子孫があえて神と同じ名前にして系図に残し、一族の伝説や伝承を残し易くしたかったのか…。

    名付けの意味についてはとりあえずあっちに置く事にして、摩奴良比売の素性についてお話ししたいと思います。けっこうなややこしさなので覚悟してくださいね。

 

   大山守皇子の妻、摩奴良比売とその子供である津布良古王の母子が、亡命の果てに辿り着いた土形里から西へ西へと目を向けると、かつて遠江国の国府が置かれたとされる磐田市見付があります。

    東海道見付宿

    東海道の宿場街があったとされる「見付」という土地には創建年代のハッキリしない「見付天神社」という神社があります。

    この神社には、人身御供の習わしがあった。しかし、強制的に強いられるものが長続きするはずもなく、結果的に人身御供を村人に要求していた妖怪は倒され、人々を苦しめていた人身御供の習わしは解消されることとなった。

   おや?と思われた方、いらっしゃいますでしょうか?

    そうです「人身御供伝説」なんです。

    記紀の中の「出雲神話」にもありましたね「人身御供」のお話が…。そのお話の中心人物の1人が「クシナダヒメ」です。

    クシナダヒメは8番目の姫でした。

   

     話を少し戻しまして、見付天神社の御祭神について話をしましょう。

    実は、見付天神社の正式名称は「矢奈比売神社」です。姫神主祭神とし、あとから天神様(菅原道真公)を祀っていたようなのですが…。主祭神である「矢奈比売」についてはよくわかっていないらしいのです。

    しかし‼︎ 私は見つけてしまいました。江戸時代の国学者「内山真龍」が失われた「遠江国風土記」を再編纂しようと、各地に残る伝説、伝承を調べて自らの見解も残していたらしく、その中に見付天神社=矢奈比売神社についても自らの見解を述べていたのです。

   

    「矢奈比売」というのは「矢の姫」が訛った名前ではないだろうか。「矢の姫」とは即ち、賀茂伝説の「玉依姫」のことである。

 

   つまり、磐田市見付の見付天神社の御祭神の正体は「玉依姫」であると言っているのである。

    見付天神社の祭神がわかったところでそれが何なんだ?とお思いでしょうか?

    そーですね、一見関係の無い話のようですが…一つ頭に置いて頂きたい。それは…「古代人は言葉遊びが好き」なんです。その最たるモノが「和歌」です。大昔、文字が伝わる前は「音」が重要だったのです。

    何が言いたいのかと申しますと…。

    国学者、内山真龍は「矢奈比売」を「矢の姫」と解いた。

   ならば「矢の姫」は「八(ヤ)の姫」でもあるのでは無いだろうか?

   「八の姫」と言えば…皆さんもうお判りですね?そう、「八の姫」=「クシナダヒメ」=「マヌラヒメ」なんです。

    つまり、見付天神社の祭神「矢奈比売」とは大山守皇子の妻「摩奴良比売」だったのです。

    では、摩奴良比売は磐田の見付出身だったのか〜。と思われた方、残念。半分不正解です。何故半分かはまたまた後々わかります。…そんなんばっかりでスミマセン…。

   さて、少しばかり道をはみ出して…。

   見付周辺にある地名に「一言」と「加茂」があります。この二つの地名は隣同士なので、そのせいというかお陰というか、それで内山真龍は見付天神の祭神を「矢の姫」=「玉依姫」と解いたわけです。「一言」も「加茂」も「葛城氏」「賀茂氏」に関係する名ですからね。

  ですが、私としては「一言」と言えば円大臣=津布良古王なんです。以前にも申しました通り、一言主神=円大臣=津布良古王なんです。

   ひょっとしたら、ツブラくんがお母さんである摩奴良比売のために建てた社が、後に「矢奈比売神社」(見付天神社)になったのではないかと私は思うのです。

   おっと…肝心の摩奴良比売の素性をお話できてませんね…では、次回に持ち越します。少々お待ちくださいませ…。